後ろ向薬師

こんにちは。

後ろ向薬師をご存知ですか?ためであるそれは終わりについて告げまやかしを言ってはいないもし遅くなってもそれを待てそれは必ず来る恐れるごめん遅れることはないこの成句は新約聖書でヘブル人への手紙の10章の37から38に引用されてることがです。

神様の時が来たら必ずことは成就する遅れることはないヘブル書10章3738もうしばらくすればくるべき形が来られる恐れる遅くなることはない38節私の義人は信仰によって生きるもし恐れ退くなら私の頃は彼を喜ばない私たちは恐れ退いて滅びるものではなく信じて命を保つものです。

もうしばらくすれば来るべき形が来られるヘブル書はこれをメシアの再臨として引用して展開してます。

その4節から5節崎読みましたね。

4節見てみましょう。

ご一緒に読みましょう。

みお心の真っ直ぐでないものは心高ぶるしかし正しい人はその信仰によって生きる神<br />

オンシツデラ

こんにちは。

オンシツデラをご存知です?イエス様も同じメッセージを語りました。

つまり旧約聖書が予言していた神の国が近いんだという意識で彼らはいるわけです。

それがこの背景です。

その時にイエス様がご自分の受難を予告されます。

それがエルサレムに登る家庭でそのことが話されました。

ここでどうですか皆さんの目に絵が浮かびますか先頭を歩いてるのは誰ですかイエス様でした。

したしたした歩いて行ってヨルダン川太郎としてるユダヤに入ろうとしてる最後はエルサレムに登ろうとしてその後でした。

血がついて行ってるんです。

けど弟子たちが驚いてるわけです。

さらにその後について行く者たちは恐れを覚えてるんですね。

なぜでしょうそれは彼らが今いた地方はヨルダン川の東何て言う地方ですかペリアペリアはねユダヤ議会サンヘドリンの管理が及ばない地区です。

そこにいる限りつまりヨル<br />

カンショウイン

こんにちは。

カンショウインを聞いたことがありますか?11章の9節テーブル11-9信仰によって彼は約束された家にいた黒人のようにしてすみ同じ約束を共に相続するいさくやヤコブと共に天幕生活をしました。

とありましたね。

私たちにもこの信仰が必要です。

まだ見ていないけれども神の約束があるので信仰によって歩き回る皆さんがまだ救われていないまだ会社になってない家族を見てねあんまりつべこべ言うとねそれごめんそういう形で失礼だね。

あんまり強くプッシュして言うとね相手だって嫌じゃない心閉ざしちゃってもいいよなるよねでもね油ものように対話もない対立もないだけど信仰によってある決まって家族の顔を見てね必ず神の祝福がこの人に来た今は大家しなくてもいい時が来たら必ず救われるそういうどっしりした新香もすごく大切ですね。

ここまでが油もの光の部分です。

素晴らしい進行です。

が彼が徐々に<br />

上牧の祖師

こんにちは。

上牧の祖師を知っていますか?夜だそしてこれから向かうのが約束の地ですからイスラエルですね。

そのように向かってるわけですね。

で前回の学びで確認したのはあのおじさんのラバンとの関係はもう決着がつきました。

後ろから追いかけてきたでしょう子さんが先週確認したように二人が契約を結びました。

これが斬るアでの契約そして石の柱をたていしの束を作り境界線を引いてお互いにここから越えて行かないという約束ができました。

ですからお子さんとの問題はもう過去の者なんです。

もう恐れるしては何もなくなりました。

そして目指しているか何の家が目前です。

さ so が解決しなきゃいけない次の問題は何かというとお兄さんのごめんなさいや国が解決しなきゃいけない問題はお兄さんの so との再会ですかつて so はヤコブを殺そうとしたことありました。

それを恐れてヤコブは逃げたわ<br />

色(しき)

こんにちは。

色(しき)をご存知ですか?架のメッセージの最終的な結論として何や何が言えるか二つのことを今日申し上げたいと思います。

第一番目は私たちはクリスチャンというのは自己肯定をした自分の命がどれほど豊かであり価値があるかということを認めた人々の喜びの集まりがクリスチャンであるとこれが第一は今日借りて7んだ喜んでいる人々の集まりで私は生きていていいんだ私の命は豊かなんだそう認めて集まって良いんです。

これが第一番クリスチャンということの意味ですね。

私たちの今学んできました。

協会艦これはですね。

多くの場合カトリックを否定した宗教改革の時代に作られた進学に則っている考え方が異常に強いですね。

ですからね宗教改革の時代ってのはすでにあるものを否定してそうではなくてこうなんだというふうに定義づけをしました。

だから一番大切な体が抜けちゃったので<br />

久本寺

こんにちは。

久本寺をご存知ですか?てことは心が柔らかいってよだからもう性に関しては民数記の12章の3節でさてモーセという人は地上の誰にも勝って非常に気ばっと書かれてありました。

民数記12の3です。

テロはモーセのシュートであり年長者ですからこの二つの理由だけでも当時の中近東の習慣から言うと尊敬に値するだからもう手がかりを敬うことは当然です。

しかし神に関する知識においてはモーセが格段に上です。

そのことに関して自分よりも下で歩いてろうが語った助言に耳を傾けることができるって言うのはもう背の心が柔らかい証拠です。

そしてリーダーのあるべき姿の3番の良きリーダーは良きフォロワーでもあるんです。

良きリーダーは良きフォロワーでもあります。

つまりリーダーでいつも先頭に立ってやってるばかりではなくてその人はリーダーに従って行く人でもなければなりません。

<br />

永福寺

こんにちは。

永福寺をご存知ですか?それをサマリヤ人が私たちの父私たちの先祖薬送っていってのが流行ってるわけね興味深いよしかもこの文章ギリシャ語は質問する時にいいです。

という答えを期待する可能という答えを期待するかで使うことが違うのではギリシャ語のいうことが疑問符です。

これを使った時には答えは No なんだよだからこの文章を原文に忠実に訳すとあんたわてらの先祖ヤコブよりも偉いと思ってんのまさかそうじゃないでしょというニュアンスがあるんだよねや国を尊敬しててや国がくれた水を飲んでてこの水が一番なんだよで夜行恋歌のあんたがなんでそれ以上の水を私にくれることができるのと彼女はここで言ってるんです。

彼が与えた水をその子達子孫も家畜も全部飲んできたんだよこれがナンバーワンの水なんだよねや頭いいかのあなたにそれ以上の水を通して渡すことができる<br />